メルカリ日和 1

  
目安時間 12分  
  • Facebookへのシェア
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

朝からメルカリ

2022年1月4日仕事始め。

朝、メルカリの発送をしてから出勤しました。

寝ている間に実家に置いてあるレコードが売れたので、

朝早めに実家に行き、プチプチで包んだあと、紙袋で梱包。

セブンイレブンに行って発送してきました。

最近ちょくちょく発送に行くので、「今度はこれを貼ってきてね」

とコンビニのおばちゃんに、伝票を入れるシールを渡されてしまった。

レジのレシートの紙を入れ替えている間に私が急いだ様子を見せたのが気に障ったらしい。

まあ、あらかじめシールを貼って準備出来るなら、その方が私も助かるので嬉しいですが。

売値3333円なり。

ここから手数料333円が引かれ、800円の送料が引かれ、利益は2200円。

売上はメルペイに入ります。

 

仕事帰り、宅急便の受け取りに行ったついでに

売上金の入ったメルペイでファミチキを買いました♪

 

メルカリをはじめたきっかけ

去年の暮からメルカリをはじめたんです。

今までメルカリで買ったことはあったのですが、売ったことはありませんでした。

なんとなく抵抗感があって。でもそんな私がなぜメルカリをはじめたのか?

 

それは、実家の片づけをしなければいけなくなったから。

両親が亡くなったので、家を取り壊す準備をしなくてはならないからなのです。

 

姉弟がいるのですが、近くに住んでいたのは私だけだったので、

実家をちょこちょこ片付けたり、出たゴミを捨てに行けるのは自分だけなんです。

 

大量に本や服を処分しました。

市の資源回収センターに何度も通って、泣く泣く本を処分。

市内にあった「BOOK OFF」はなくなっちゃったし。

前に、自分の家の本を「○った○ない本舗」で売った時は

段ボール4箱で700円。

大好きなマンガもあったのに・・・・。

実家には人がいないので

引き取りの、配送の人を待つこともできないので、もう捨てちゃった方が楽だなって。

何がいいって、うちの市の資源回収センターは、仕事が休みの日曜日にもやっているというところです。

 

でも、今って、色々なゴミを捨てるのにお金がかかる時代なんですよね。

 

物を処分していく過程で、物を売って利益を得るということにトライしていきました。

 

まずはピアノを処分(これはメルカリではない)

大物の処分には、お金がかかるなあ、と思い、「買い手がつく間に」と思って

まずはピアノを売ったんです。

 

数社まとめて見積もりが出来るサイトがあったので、そこに必要事項を入力しました。

アップライトピアノなんですが、型番の入力が必要で。

サイトに案内があるのですが、ピアノの上部の蓋をあけると、型番が書いてあるんですね。

それを入力して一括査定。

結構値段に差があって、一番高いところが15万でした。

そしたら、別のところから電話がかかってきました。

そこはそれより低い査定だったのですが、

「15万で出してるところがあるんで」と断ったら、それに合わせると言ってきたので

お願いしました。

ピアノなんて、処分費用がかかるくらい、と思っていたので、これはラッキー!

他の物を処分するときの助けになるわ、と買取を依頼。

でもね、一個だけ失敗しちゃったんです。

決めた後で、「ピアノの椅子の処分費用が2000円かかる」ということに

気づいてしまって。

 

最初から15万円のところにしていたら、それはかからなかったんですよね。

 

まあ、マイナスではないのでいいのですが、シールのついていないお刺身が2パックは

買えたかと思うと悔しいなあ、と。

 

仕事が休みの土曜日に引き取りの日を設定。

引き取りの人が来てくれる時間に、実家で待機しておりました。

やっぱり、これが最後だと思うと、ちょっと弾いてしまいますよね。

今までありがとう。

 

そして楽譜が残った。

で、さみしく残されたメトロノームや楽譜たち。

必要になれば、すぐに手に入るものだし、断捨離!と思いまとめはじめました。

楽譜は雑紙や、本として資源回収センターへ・・・なのですが

一冊だけ気になったんですよね。

中学生の時に大好きだったバンドの楽譜。

 

ああ、物を見ていると、なんだか思い出してしまいます。

「キーボードバンドをやろう!」とお年玉をためたお金で買った

『ROLAND』のキーボード。

そしてこの楽譜の本。

ああ、80年代って楽しかったな。日本も元気だったし。

大人になってから、あの頃の曲を今演奏したい人っているかも。

 

で、ちょっとぐぐってみたんです。

 

そしたら、ヤフオクで、8800円で売れた形跡があるではないですか!

うーん、これは捨てるのやめよう、と思って取っておきました。

そう思うと、いままで捨ててしまった中に、

まだ値段がつくようなものがあったかも、と思い始め、

でも、ヤフオクってちょっとハードル高いなあと思っていたところに

 

「メルカリ会」の文字が!

 

これは、私が登録している「桜子」さんのメルマガから届けられた情報で、

なんと無料でメルカリへの出品をサポートしてくださるというもの!

 

背中を押されるようにメルカリで出品してみました。

 

そして初出品

写真を撮って、出品

そして、取っておいた楽譜を出品。

メルカリで買ったことはあったのでアカウントはありました。

携帯電話で写真を撮って、アップ。

なんと、メルカリアプリの出品のページには

「売れるかチェックする」というボタンがあって、

これで写真を撮るとそのものが何であるか、読み取ってくれるという機能がついています。

相場がいくらかまで出してくれる!

ドンピシャで出るとも限らないのですが、似たような商品を

列挙してくれるので、助かりますよ。

バーコードのついた本やコスメなどは、それを読み取るだけで商品説明までしてくれるので

本当に手間いらず。

ただ、自分の出品物には、バーコードもついていないので残念。

手で、商品説明を入力しました。

 

捨てるものだったので、いくらでも良かったのですが、

まあ、欲張ってもなあ、とヤフオクより安い値段で。

 

そしたら、あっという間に売れまして。

 

そして梱包・発送へ

「やることリスト」というのが出てきて、取引画面での入力を要求されるので

「この度はご購入いただきありがとうございました。発送までお待ちください」

と入力してみました。

 

わー、配送どうしよう、よく分かってないんですけど

どんなシステムなんですか????

売上はどうなるの???

匿名配送って????

 

慌てました。

 

本は、濡れないようにビニール袋に入れて

封筒にいれて

 

うーん、配送方法は

らくらくメルカリ便のうちの「ネコポス」でいいのかな?

A4の大きさで、厚さ3cm以内だから・・・。

175円で匿名でイケる?

発送はコンビニからでいい?

 

私、とりあえず携帯持ってコンビニに行けばいいですか???

 

ファミマから発送できるというので近所のファミマに行きました。

コンビニから発送する→ファミリーマートをご利用の方

→ファミポートを使うのか・・・

携帯で、バーコード出して、「2次元バーコードをお持ちのお方」

というボタンを押してみました。

 

「あ、紙がでた!」

 

これをレジに持っていくらしい。

持っていきました。

 

すると、伝票用を入れるシールを手渡され、自分で貼るよう促されました。

ポケットになっていて、貼ったら、そのポケットにバーコードのついた伝票を挿入。

なるほど、これが匿名配送の仕組みなのか…と納得。

控えを渡され終了。

送料は売上の中から引かれるらしい。

 

現金一切触らず、あて名書きも一切なし!

携帯電話だけで完結です。

 

楽。とっても楽。考えていたよりはるかに楽。

 

やったね!

受け取り連絡と入金

相手が受け取ると、メルカリアプリの「やることリスト」に連絡があります。

「この度はお取引有難うございました」と入力し、相手に「良い」の評価をつけて

「評価をして取引を終了する」というボタンを押して取引終了。

相手に荷物が届けられると、メルペイに入金されます。

一回当たりの手数料200円を支払って現金化も出来るようなのですが、

メルカリで買う時に使えますし、ファミリーマートやセブンイレブン、

その他私の行動範囲内にメルペイが使えるところもあるのでそのまま使おうかな、と

思っています。

 

そして何より、捨てようと思っていたものを使ってもらえるのが嬉しい!

どんな方に使ってもらえるかはわからないけれども、

あの80年代を好きな方なんだろうなあと思って

見えないつながりを感じちゃいます。

 

ありがとう、メルカリ。

 

後日談

なんと、トラブル発生!今朝発送したレコードに傷があったと購入者様から連絡が!

わー、どうしようどうしようどうしよう!

レコードは、弟の部屋にあったものを、メルカリに出してもいいというので出品したものでした。

彼は、未開封の物をとっておくような人だったので、写真撮影のために中を出したのですが、

リーフレットやレコードの袋もきれいなままで、触った形跡もないように見受けられたので

きちんと確かめずに出品してしまったのです。

捨てられるはずだったものを救済して出品しただけだったので、キャンセルにして、商品は

もらってもらおうかと提案させてもらいました。そうしたら、その傷ついたレコード分の値引きという

かたちで対処をし、取引はキャンセル無しでいいとおっしゃって下さったのです。

それだけでなく、「レコードは中身を出して、写真を提示して、購入者に判断を任せると良い」など

アドバイスまでして下さいました。トラブルが発生した時は、どうしようと慌てましたが、

こうやって経験から学んでいくんだなあ、といまさらながらに思いました。

詳しい経緯は後日レポートしますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • Facebookへのシェア
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

   メルカリ   0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 

メールアドレス 

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール

志生野

志生野

定年過ぎの夫と高校生の娘を持つ50代。好きなのは70~80年代の少女マンガ。 本職の看護師の仕事に体力の限界を感じ、副業求めて網(ネット)をさまよう。

検索
 最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ

ページの先頭へ